思春期ニキビの原因

思春期にニキビができやすいのはホルモンバランスの崩れが原因

思春期にニキビに悩まされている中高生は多いことでしょう。原因の一つは皮脂が過剰に分泌される年齢だからです。適度な皮脂は肌を外からの刺激から守ったり、保湿を与えたりと重要な働きをするので必要です。しかし、皮脂が多すぎると過剰な皮脂が毛穴に詰まり、空気と酸化して雑菌が繁殖してしまいます。この雑菌がニキビの原因となるアクネ菌と呼ばれるものです。 それではどうして思春期には皮脂が増えるのでしょうか?原因はホルモンバランスが崩れることにあります。思春期は成長ホルモンが活発に分泌される時期。男性ならテストテトロン、女性ならエストロゲンやプロゲステロンが急激に増加します。成長ホルモンには皮脂を過剰に分泌する働きがあるため、ニキビができやすくなります。その他、ストレスもホルモンバランスの崩れを引きおこします。思春期は精神的にも悩みやすい時期ですよね。うまく気分転換をしてストレスをためない工夫をしましょう。

生活習慣の乱れも思春期ニキビにつながりやすい

生活習慣の乱れも思春期ニキビを増やす原因なので気をつけましょう。肉やファーストフードの食事ばかりしていませんか?脂質の多い食事は皮脂を増やします。野菜を摂らない人も要注意。緑黄色野菜に含まれるビタミンAには肌の代謝を良くする働き、ビタミンCには過剰な皮脂の分泌を抑える大事な働きがあります。また夜更かしをしがちな人もニキビができやすいです。肌の新陳代謝が盛んなのは22時から2時までの睡眠時だといわれています。寝るのが遅くなると皮脂が肌に残ってしまい、ニキビの原因に。できれば22時までには寝るようにするのが理想的ですね。それに思春期ニキビの原因になるストレスも質のいい睡眠をとることで解消されることがあります。

© Copyright Ance Get Cured. All Rights Reserved.